息子の第二の人生

スポンサーリンク

今日の訪問ありがとうございます。

今日は昨日と違って、天気が良い夜です。だから、星がきれい!!明日の朝は寒いと思う。山は電灯がないので星がきれいに見える。オリオン座の大星雲もよく見えます。去年は国際宇宙ステーションがきれいに見えた。太陽光パネルが夕方薄暗くなった空をオレンジ色に光りながら、動いていくのを家族みんなで見ました。地球から見たらちっぽけな乗り物に人が乗っているのが、不思議に思った。

流星群が見えるときは、小さな流れ星を何個も見たのです。街中のように電灯があるわけではないので、たくさんの星が見える。何も考えずボーーーーっと空を見るのが、結構楽しいのです。イライラがMAXになった時には、ものすごく、心が落ち着く。都会ではできない、ストレス解消方法です。

今日は息子が都会へ旅立ちました。高校を卒業して、社会人になるのです。高校から寮生活を送っていたので、家を出てから早三年が経ちました。卒業してから一か月一度家に帰って来ていたのですが、今日、第二の人生のスタートです。高校に入学したころと違って、しっかりした。親離れもできて、自分の事はある程度のことはできるようになった。ワクワクしながら前を向いて自分の足で進んで行く息子を見て、たくましく思ったのです。

小学六年の頃、いじめにあって、引きこもったとは思えない。あの時は、この子の人生どうなるのだろう?と不安に思ったことを思い出します。先生が友達で、修学旅行の自由行動は先生と一緒。学校で話す人も先生。楽しくなかった中学三年間。楽しい高校生活を送りたいために頑張っていったのです。だから高校生活はとっても楽しかったようです。友達もたくさんできました。家に居た時間は短かったけど、大きく成長した三年間。「なんとかなるさ!」の言葉でこれからも、いろいろなことを乗り越えて行ってほしい。田舎から都会へこれからは、あまり帰ってこれないと思うと寂しい。

見送りに行って、バス乗り場できれいな流れ星を見た。あんなにきれいなのは初めて見たのです。まるで、息子の門出をお祝いしてくれてるように思えた。頑張れ!親としてはこれしか言えないのです。

 

読んでくださってありがとうございます。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です