スーツケースのタイヤ交換


今日の訪問ありがとうございます。

息子のスーツケースのタイヤが壊れた。ゴムがガタガタになってしまいました。

こうなると、前に進みずらくなる。

新しのを買おうと思ってネット検索したのですが安くて一万円ぐらい。もっと安いのはないのか!と思って探したのですがない!!!このタイヤだけ交換できたら….壊れてるのはこのタイヤだけ。何とかならんの!!!困ったときは、うちの何でも屋。主人に「どうにかしろ!」って言ってみたのです。

何とかするのがうちの何でも屋!直してくれた!!

 

スーツケースのタイヤを交換

 

材料はこの四つ。ロックナット、ワッシャー、ストリッパボルト、タイヤ。すべてモノタロウにあります。ワッシャーはこの写真のサイズでは、M6ですが実際にスーツケースのタイヤの土台にぴったりだったのがM4でした。

タイヤをのけてみると、穴が二段になってるのでワッシャーが合わなかった。

 

タイヤの穴はカシメてあるので、ドリルで削っていきます。真っすぐガリガリやっちゃうと、土台の穴が大きくなっちゃうので、少し斜めにカシメてあるところだけ、削るようにしていきます。このとき、タイヤが回っちゃうので、手を削らないように気を付けてくださいね。それと、削りすぎに注意してください。

少しやりすぎるとこうなる。ここは、少し硬かったので無理矢理削りました。

硬い所はしっかり固定して、削る。

 

ストリッパボルトを入れて、入るか確認。

見た目も確認!

ナットはゆるみにくいロックナットがおすすめです。ガラガラひっぱてると、ナットが緩んで取れたら大変なので普通のナットよりおすすめです。

 

タイヤを入れて完成!!!ワッシャーもM4でピッタリでした。

四つともタイヤを交換して終了!!!かかった時間は30分ぐらい。

 

こんなに痛んでたのが、きれいになりました。かかった費用は1000円ぐらい。と主人が。ありがたいです。

「これで、また使える。」と息子が…

このスーツケースを持って、第二の人生に歩んで行きました。

 

読んでくださってありがとうございます。

手先が器用で、工具もいろいろ持ってる主人。新しい物は値段が高くて買えないので、何でも直すようになりました。壊れたら直す。古民家に住んでいたら、修理ばかりです。今回は、スーツケース。何かを修理したら、のせていきます。

 

 

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です