南部鉄器の炊飯鍋


今日の訪問ありがとうございます。

二日前に書いたけど、去年炊飯ジャーが壊れたのです。新しいジャーを買うまでの間、鍋でご飯を炊くことにしました。とりあえず、普通の寸胴で炊いてたのですが、主人が貧血がひどい私のために、南部鉄器の炊飯鍋を買ってくれた。

 

新しいジャーのつなぎだったはずのこの鍋。この鍋になって早一年。もう、ジャーはいらない!!!

早く炊ける

結婚して二十年、ご飯は予約機能がなければ、朝が大変。絶対無理。起きれないし。と思っていたのが、覆ったのです。この鍋を使うと15分もあれば、ご飯は炊ける。これだったら、私でもできる!!!ジャーで炊くより、早く炊けるのです。ジャーで炊くと一時間。早だきで40分。ご飯を仕掛けるのを忘れて、慌てて炊いても40分かかっていたところ、15分に時短ができるようになったのです。圧力鍋でも炊いたことがるのですが、寸胴なので端っこが炊けない。それに、硬いご飯になるのです。

家族四人で毎日八合ぐらいご飯を食べるのですが、この鍋は五合炊き。一日、五合を二回炊いています。この鍋の中に入れて、保存はできないので、食べ終わるとすぐにジャーに保温しています。鍋に保温するとご飯が黒くなるし、鍋も傷んでしまうので、洗ってすぐ乾かす。これが基本!こびりついて取れないと思うのですが、ごはんから出てくる湿気できれいにご飯が取れるのです。(ジャーは保温だけはできるので、使っています。)

このご飯を食べるようになって、ほかのご飯が食べれません。ちなみに、米は10kg3000円までの安い米。

一割もち米を入れてます。ふっくらして美味しい。

 

スポンサーリンク

ご飯を鍋で炊き出してわかったこと

①ジャーの内釜やこの鍋のように底が丸い所が均等に熱が伝わる。底が丸い鍋がいい。

②寸胴鍋で炊くときは米を最低30分は水に漬けておかなければ、きれいに炊けない。

③鉄鍋は、米を洗って置いておくか、洗ってすぐ炊いても美味しく食べれる。

④鉄鍋のほうが寸胴鍋より早く炊ける。

 

うちは電化住宅。だからガスじゃなくてIHなのです。このIHがご飯を炊くのに物凄く便利。タイマーがついてるのです。ご飯を仕掛けてスイッチを入れて、強火で沸騰するまで待つ。沸騰したら、弱火にして10分。ここで、タイマーをセットして放置。あとは、勝手に止まるを待つのみ。他におかずを作りながら、蒸らすと美味しいご飯の出来上がりです。

塩だけのおむすび。炊き立てのご飯でこれを作ると、一回で五合のコメが無くなるのです。おかずは自家製のうめぼしか漬物を添えて食べる。このメニューは休みの日のお昼ご飯によく作っています。

 

鉄鍋には、欠点があります。

①重たい

②熱いときに洗うことができない。

③洗剤を使って洗えない。

④食洗器では洗えない

⑤乾燥してないと、錆びる。

①の重たい。というのは南部鉄器のレビューを見ると、必ず出てきます。しまうところも、重たいので高い所や、引き出しの上の段には入れることができません。出しっぱなしでもいいや!と思う人におすすめです。

 

この鍋には、こんな機能もついていますよ。

蓋がかけられるのです。

 

読んでくださってありがとうございます。

安い米でも美味しくご飯が食べたい!そう思い、この鍋にたどり着きました。

 

ランキングに参加しております。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です