タケノコの早く剥く方法

スポンサーリンク

今日の訪問ありがとうございます。

今日もタケノコを取ってきました。今年はやはり、裏年のようでよその竹林ではタケノコが取れないみたいです。なぜか、うちの竹林はよそが取れない時にタケノコが採れるのです。採って来ても皮をむかなければいけない。これが、めんどくさい。

嫁に来て初めてタケノコをもらった時どうしたらいいのか分らず、山育ちの主人に教えてもらいました。皮をむくところから….ほんとに、いちから分からなかったんですよ。町育ちの私は山での生活の仕方が分らずいろいろ主人や近所のばあーさんに教えてもらいました。今では何でもできるようになりました。慣れです。慣れ。今は実家で寝ることができない。車の走る音がうるさすぎて….山の人になりました。

 

タケノコの皮むくのも早くなりました。最初は一個剥くのに5分から10分かかっていたところ、いまは30秒で剥けるようになりました。剥き方を紹介します。

この剥き方が一番早い。

剥いた後に鍋に入るくらいに切って、あく抜きをする。あくを抜くのに、米ぬかとタンサン、どちらかで炊くと抜けるのですが、うちはタンサンで抜くようにしています。タンサンのほうがきれいに抜ける。痛むのも違うのです。タンサンでタケノコが軟らかくなるまで煮込んで、冷えるまでそのまま放置します。これだけで、あくが抜ける。米ぬかでもタケノコを軟らかくなるまで煮込んで冷えるまで放置するのは一緒。でも、保存するときは、毎日洗って水を変える。そうでなければ、腐っちゃうのです。どっちにしろ、早く食べること。

それか、冷凍保存をするのが一番長く保存できます。細かく切って冷凍して次使うときはそのまま使う。凍ったまま、お汁に入れたり、そのまま味付けしてお煮しめにすると美味しい。早く味がしゅんで時短になりますよ。タケノコは今の時期でなければ食べれないので、楽しんでたくさん食べるようにするのです。残りは冷凍です。

 

読んでくださってありがとうございます。ランキングに参加しております。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です