南部鉄器のケトルと貧血


今日の訪問ありがとうございます。

 

 

 

私はひどい貧血なのです。三年前に階段を登れなくなって、息切れがひどくなったので、主人に無理矢理、病院に連れていかれました。検査をした結果がものすごく悪かったのです。入院一歩前。貧血で入院することがあることにビックリしました。物忘れがひどくなったのと、不整脈になっていました。ご飯も欲しくない、階段は二段登って休む。今考えると、しんどいのに体が慣れていたのかな?と思いました。今は一週間に二回鉄剤を飲んでいます。なかなか治らない。鉄剤を飲むのを止めると、体の中にある鉄分がどんどんなくなっていくのです。これを何とかしなければと思って、食べるものや、調理器具を考えるようになりました。というか考えてくれたのが、主人!!!毎年の誕生日には南部鉄器の調理器具をプレゼントしてくれます。

 

プレゼントの一つ   ケトル

これ、やかんです。見た感じオシャレ!!!麦茶は沸かせません。お湯のみ。貧血になると、お茶があまり飲めない。コーヒーも紅茶も。お茶の中のタンニンが鉄分を吸収するのを邪魔をするらしいのです。薬を飲んでる時は、お湯を飲むようにしています。

このケトルでお湯を沸かして、ポットに入れています。

 

このケトル、凄いんです。南部鉄器は鉄で出来ているので、すぐ錆びる。でも、使い方次第で錆びが少なくなるのです。普通のやかんと違って、お湯が沸くのが早い。沸いたら直ぐにポットに入れなければなりません。そのままにしておくと、錆びるのです。沸いたときは、ケトルが熱いのでポットに入れるとケトルはすぐ乾くので、乾かす手間がないのです。ずぼらな私には最適。物凄い使いやすいのです。

 

スポンサーリンク

このケトルで、お湯を飲みだして、貧血が治ったことはありませんが、物凄い勢いで数値が悪くなったことは、なくなりました。鉄分が体の中に貯蓄されるようになりました。

 

最近ではオシャレな南部鉄器のやかんを見るようになりましたよ。http://www.iwachu.co.jp/

岩鋳の南部鉄器が私は好きです。とっても使いやすい。インテリアとして飾るのもオシャレだと思います。

 

読んでくださってありがとうございます。ランキングに参加しております。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

Follow me!

南部鉄器のケトルと貧血” に対して1件のコメントがあります。

  1. ものに恩恵 より:

    手を合わせて「いただきます」、「ごちそうさまでした」でも手を合わせます。
    食事の際に、食させて頂くために「いのち」を頂いて、
    生かされてあることに感謝することから「いただきます」。

    「もの」の進化が現在の自分の生活づくりに貢献し、便利という恩恵を享受できるのです。
    ものづくりをした先人の知恵や努力に支えられています。
    生かされている自分の存在に気づき、手を合わせて感謝の心は常に大切にしていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です