4か月待った木のフライ返し

スポンサーリンク

今日も訪問ありがとうございます。

 

これはフライ返し。

しゃもじじゃありません。

スポンサーリンク

 

 

木のフライ返し

フライ返しを探していたところこれを見つけた。宮島工芸製作所さんのフライ返し。フライ返しで硬くて使いやすいのは鉄製の物。でもこれでひっくり返すとフライパンに傷がついちゃうのであまり使いたくありません。だから、プラスチック製のを使っていたのですが、これが使いにくい。先が大きくて安定しない。ひっくり返すときにぐずれる。だから、ひっくり返すときには、みんなが力が入るのです。だから、硬くてフライパンに傷が付かないフライ返しを探していました。

横から見ると持ち手が反っていて、先の方も料理にスッと入るようにそっています。これが、持ちやすくってすくいやすい。持った感じは、つるつるして、凄い気持ちがいい。この手触り….

最高(*´ω`*)!!!!

材質は桜。だから、硬い。それに、軽い。目玉焼きを崩さずひっくり返すことができました。うちの家族は、目玉焼きは、黄身までしっかりと焼けていなかったらいけない派の人が多いので、大変なのです。フライパンは南部鉄器なので水で蒸し上げることもできないのです。

このフライ返しが来るまで、昔からある木製のしゃもじなどのひついて使いにくい。と思っていたのですが、考え方が180度変わりました。使い方を間違えなければ物凄く使いやすい事です。私の使い方が間違ってました。使う前は水で濡らして、使い終わったらしっかり乾燥させること。この二つを守ったら長い間使うことができるのです。100均にある調理器具を買って使ってたのですが、使いにくいのですぐに買い替える。ということをしていました。何年も使えるのだったら、そのほうが経済的にも環境にもいいのでは?と思い、今回思い切って一本700円のこのフライ返しを買ってみました。間違いじゃなかった。この感じだと、何年も使える。やっとフライ返し探しから解放されます。

 

 

REAL JAPAN PROJECT

宮島工芸製作所の商品はREAL JAPAN PROJECTというところで販売してます。このお店、日本のものづくりをもっと身近にという思いから作られたお店です。ここのサイトに行くと、日本の職人さん達が作ったものを販売しています。値段は少し高め。でも、長く使えるのだったらいいかなぁ~。と思うようになってきました。よくサイトを見てますが、欲しいものがたくさん。そして、日本にはこんなに伝統文化があることにビックリ。このフライ返しと一緒に棕櫚で出来たミニほうきと水筒洗いを購入してみました。これもなかなか使いやすい。そして、オシャレ。次はこの棕櫚のミニほうきと水筒洗いを紹介したい。これもいいですよ。

 

 

読んでくださってありがとうございます。ランキングに参加しております。よろしくお願いします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

スポンサーリンク

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です