気を抜いた飼い主


こんばんわ!!!いつも訪問ありがとうございます!!!

今日も無事一日を終えることが出来た飼い主です。

今回は、気を抜いた飼い主の巻きです。

さぁ~柴犬一家劇場始まるよ!

スポンサーリンク

毎日のブログの更新はTwitterでアップしています。

覗いてみてくださいね。フォロー、コメント待ってます。

お詫び申し上げます。

昨日は、ブログをお休みしてしまいました。

申し訳ございません。

いきなりの事で、ビックリしたのと、左手がパンパンに腫れてしまい

動かせなくなったので、お休みすることに…

傷が結構深かった為、病院に行ってきました。

犬に噛まれた時は、必ず病院に来るようにと先生に…

どうして、噛まれたのか、これからどうするのか家族会議をしました。

今日は、なぜ噛まれたか、ご報告します。

柴犬をこれから飼おうと思ってるみなさん必見です。

ようこそわが家へ

太郎君は、我が家とは違った環境で飼われていました。

街中で、飼ってる方はお年寄り

飼い主さんが、体調を崩したことで、飼えなくなったワンコなのです。

吠える癖がある。ということ。噛む癖がある。という事。

でも、おやつをあたえれば、ある程度の事はさせてくれる

太郎君を初めて見た時、とても大切に育てられたワンコ

だということは、わかりました。虐待など全くなく、太郎君が一番。

そんな家庭で過ごしていた太郎君。

我が家の飼い方とは、正反対なんです。

飼い主さんから、聞いた太郎君の癖を気にしながら初めての一日を過ごすことになりました。

緊張の一日目

案の定、太郎君は少しの事で、ワンワン吠えていました。

さくちゃんが動くだけで、ワンワン。

ひまちゃんを誰かが、ナデナデするだけでワンワン。

ワンワンだけだといいのですが、唸り声をあげて吠えるのです。

そして、首輪を触らせてくれない、ハーネスを触らせてくれない。

リードを持ってるだけで、飛びついてくる。

基本、耳より下を触られるのを嫌がる。

リードを付け替えたいのに、付け替えれない。

だから、散歩は行けません。

ゲージの中で飼われていたので、つながれるのが嫌い。

嫌な状況になれば、吠えて飛びついて唸る。

この日は、主人に飛びつき危うく噛みつかれそうになった主人。

そこで元飼い主さん情報を思い出し、ビスケットで機嫌を取りリードを

と思ったのですが、ビスケットは食べません。

でも、晩御飯はすんなり食べてくれました。

気を抜いた飼い主が悪い

二日目の朝。今日も元気よくワンワン吠える太郎君

気が付けば吠えてる状況。

お昼前のジャーキータイムの時に、態度が急変

警戒してた吠え方が、ジャーキー一つで甘えん坊の声に…

お昼前は、ガウガウ言いながらでもナデナデさせてもらえるように、

そしてそれから、一時間。このような状態に

奇跡が起きた!!!と思った!!!

この時は、ガウガウとも言わず、キュンキュン言ってた太郎君

この声とこの態度にもう大丈夫。

一つの山は越えた!!!と思ったのが間違いでした。

朝から昼までの態度の変化です。

ご覧ください。

お昼ご飯を食べて、太郎君の様子を見に行った飼い主。

鳴き声は警戒した声ではなく、キュンキュンと甘えた声を出していた太郎君

甘えているんだ!!!と思った飼い主。

ナデナデしていたら、いきなり

う――――!!!!ガブッッッ!!!

甘噛みをしたと思った瞬間本噛みになりました。

我が家に来て、二日しかたってないのに

気を抜いた飼い主が悪いんです。

すぐに、なれるなんて思った飼い主が悪いんです。

もっと、太郎君の気持ちになって考えればわかることなのに

申し訳ない…ごめんね…

でも、噛まれたことによってわかったことが一つ

太郎君は、ジャレルと噛むの区別がついていない。

遊びの延長で噛んでるんです。それを解かってもらわなければなりません。

まず、それが目標です。

これから、じっくり、ゆっくり我が家の色に染めて行こうと思います。

これから、四柴をよろしくお願いします。

読んでくださってありがとうございます。ランキングに参加しています。

ひまちゃんの顔を、ポチッと押してね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です